松葉ガニ 通販

生きてる!松葉ガニ通販

ズワイガニの一大ブランド「松葉ガニ」。

カニ漁の期間中しか販売出来ない、期間限定のブランドかにです。

松葉ガニ漁の本場、兵庫県の浜坂港で水揚げされたタグ付きの松葉ガニが、生きたまま自宅に届きます。

本物の松葉ガニを産地直送!

松葉ガニ

産地直送!活・松葉ガニ

松葉ガニの美味しい食べ方

焼きガニ松葉ガニでカニ焼き

活きカニのオススメの食べ方の一つが焼きガニです。カニの甘みが増幅されて、存分に堪能できます。


かに刺し松葉ガニでカニ刺し

せっかく生きたまま届くので、かに刺しも楽しみたいですね。なかなか食べられないカニ刺しを是非。


かにみそ松葉ガニのかにみそ

見てください!このかにみそ。

こんなにギッシリ入ってます。

超新鮮なカニミソは、いままで食べてたカニミソって何?ってくらい、もはや別物です。


カニスキ松葉ガニでカニスキ

松葉ガニで贅沢カニスキもいいですね。食べたあとは、雑炊?うどん?トマトとパスタでイタリアンもアリですね。


松葉ガニを生きたまま届けるなんて可能なの?

少し前までは松葉ガニを食べようと思ったら産地である山陰に食べに行く必要がありましたが、このサイトで紹介している松葉ガニ専門通販サイト「浜海道」なら可能です。

浜海道は、松葉ガニの産地である浜崎港の漁協と提携しているので、浜崎港で水揚げされて晴れて松葉ガニとなった、本物のタグ付き松葉ガニを通販で自宅に産地直送されます。

市場に並ぶ前に梱包されて出荷されるので、産地で食べるより新鮮かもしれません(汗)。

松葉ガニはブランドカニで希少品という事もあり、ズワイガニに比べたら価格は高いです。その分、品質も味も一級品です。その点は松阪牛とか国産マツタケ等と同じですね。

気になる松葉ガニの価格ですが、セリによって変動するため定価がありません。時価という事ですね。

今チェックしてみたところ、2・3人分の800gの松葉ガニが、

足がちゃんと揃っている松葉ガニで13800円。

足が一本取れてしまった松葉ガニが10800円。

でした。

現在の価格はこちらからチェック→産地直送!活・松葉ガニ

足が折れたカニは見栄えの問題から、急に格安カニになります。

他のサイトだと、足の折れたカニをB級品の訳ありカニとして激安で売っていますが、このサイトで売られているのは、特上の松葉ガニであり、本物を証明するタグも付いています。

もっとたらふく食べたい場合は、冷凍のズワイガニも扱っているので、こちらでカサ増しするのも手ですね。

ズワイガニの選び方

カニにもいろいろありますが、中でも通の間ではズワイガニが人気です。

ズワイガニは身が繊細で、カニ独特の甘みが味わえるのが特徴です。カニ本来のおいしさをじっくりと味わいたい時には、迷わずズワイガニです。最近は通販でカニが手軽に買えますが、中には冷凍物の古いカニを送ってくる業者もいますので、通販会社を選ぶときは注意が必要です。

ズワイガニに大きく分けて3種類あります。

「本ズワイガニ」、「大ズワイガニ」、「紅ズワイガニ」です。

激安で買えるのは紅ズワイガニですが、鮮度が落ちやすく身入りがいまいちで水っぽいので通販ではオススメしません。

大ズワイガニは、オホーツク、ロシアのベーリング海やアラスカ沿岸域で水揚げされています。長い船旅を経てやってくるので冷凍物がほとんどです。身の大きさでは大ズワイガニで食べ応えはありますが少し大味です。

本ズワイガニの中で、水揚げされた地域ごとにプレミアムなブランドカニがあり、それが「松葉ガニ」や「越前ガニ」です。

日本でズワイガニといえば、大抵は本ズワイガニを指し、タラバガニと並んで人気を集めています。

確実においしい本ズワイガニを食べたいなら、価格は高くなってしまいますが、証明のための色つきタグを付けたブランドガニを選ぶといいでしょう。

生きた松葉ガニを通販で買える優良店を紹介しています。

松葉ガニを証明するタグ付きの松葉ガニが、生きたまま自宅に届きます。

あとは、煮るなり、焼くなり好きにして!いい意味で。

本物の松葉ガニを産地直送!

松葉ガニ

産地直送!活・松葉ガニ

松葉ガニの美味しい茹で方

せっかくの蟹を美味しく味わおうと思えば、調理の手順などにも気を遣う必要があります。

皆さんも経験があるでしょうが、蟹は基本的にゆでて食します。

そのため、正しい蟹の茹で方を把握しておくことに全てがかかってくるといえます。

多くの方が気になるそのコツというのは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。

蟹全体がしっかりお湯をかぶるようにして茹でれば、美味しい茹で蟹が簡単にできます。

かに通販のかには安全?

ここのところ毎年、かに通販を使ってかにを買うのが主流と思うようになりました。

それも当然でしょう。 ネットでどこの情報でも手に入れられますし、宅配業者の冷蔵冷凍技術も確かなので、全国の水産業者から直に購入できるためです。 通販で冷凍のかに、は昔の話です。

最近は生のかにもおいしく買えるようになったので生でも冷凍でも、かにを食べたいときにはわざわざお店に行くこともなくなりどこの通販にしようか?と考えるようになりました。

上手なかにの捌き方

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。 ここは結構力が要ります。

この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。 蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れる。

以上が蟹の捌き方の基本になります。

通販で買うなら活きカニ!ブランドズワイの松葉カニ

通販の生鮮食品はどれもそうですが、同じブランドのかにであっても、ボイル前と後はどちらがよいのか決め手がないと思った方もいらっしゃると耳にします。

通販のかにの加工法を選択するときは選べるなら、何といっても活かにです。 まず間違いなく、活かにの方が新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。

知っていればあなたは通! セコガニ

松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。

松葉ガニと比べてみれば、おおむね小さいカニがほとんどですが産卵期前で、卵を抱えていて味も濃厚と言われており、松葉ガニにはない味を求める方も一部で知られています。 かにのシーズンの始め、11月から1月の間しか水揚げされることはなく珍重されるのは当然です。

松葉ガニの解禁日は11月6日

他の水産物でも同様ですが、蟹も年中いつでも獲っていいものではなく、省令で定められる解禁日に従って漁をしなければなりません。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、地域によって蟹漁が解禁される日が定められていて、その期間以外は漁をしてはならないことが定められています。 蟹のシーズンに出遅れないようにするため、解禁日の情報に目を光らせておくことが大事だと覚えておきましょう。

知っておきたいカニの種類とブランド

蟹にも、獲れる地域や品種によって、様々なブランドがあります。

それぞれに味が違い、個人によって好みもバラバラだといえますから、蟹通販の利用をご検討されている方は、種類ごとの違いを意識して商品を選ぶことが必須かもしれません。 色々ある種類の中でも、特に人気のものとしては、皆さんご存知の、タラバガニやズワイガニなどです。

どんな種類の蟹を買うとしても、選ぶ際にはサイズや新鮮さを基準にする人が多いようです。

色々な種類のかにが通販で手に入る中で、常に人気上位のタラバガニですが、購入するときには気をつけてください。

一見間違えてしまうくらい、タラバガニに似たアブラガニという安価なかにがあり、小さな写真では区別がつかないのです。

タラバガニだと信じて買ったら、アブラガニだという指摘を受けたことも実際にありましたので安さにつられて買うのではなく、よく知られたお店から買うのが無難です。

かにがたくさん獲れる地域を探すと、北海道もあり、北陸地方もあります。 かにだけでなく、温泉にも入りたければ、粟津温泉をすすめる方は多く、おいしいかにを味わい、温泉でくつろぐために全国からその評判を聞きつけた客がこの温泉を訪れます。 粟津近辺のかには加能がにと呼ばれ、ズワイガニですが、歯応えのある甘い身が特長です。 かにと温泉のベストマッチを求める方には満足できる旅になるでしょう。



TOP PAGE